やっぱりショートヘアに目がいく…

 

国内で暑さの1・2を争う、ここ京都左京区は一乗寺にある美容室Misorazaです。

このトロけそうな空気の中、トロけきったタオが久々に映画館に行こうかなと。

「華麗なるギャツビー」

bifOEwj9pl

 

 

 

 

原作はスコット・フィッツジェラルド。1925年出版の小説 「グレート・ギャツビー」。

何度か映画化されてますね。

「狂騒の20年代」 「黄金の20年代」 といわれる1920年代、空前の好景気時代のアメリカでのお話。

重過ぎる腰をあげてナゼ観に行くのか・・・。

髪型と服、アクセサリーがカワイイから。 

どの演者さんが~とかあまり興味ナイです。その人を観に行くんじゃなくて映画の空気を観に行くんだから。 好きな演者さんの写真見てれば?って感じ。

キャリー・マリガンはカワイイなぁ…。

1920年代は女性が社会進出し始めた時代。 ココ・シャネルのデザインから始まり、髪型は社会進出に伴いショートボブが流行。 

前髪やサイドにピンカール。ってスタイルカワイイですよね~。

mig

mig (1)

 

 

 

 

 

 

 

服やアクセサリーは、それまでのアール・ヌーヴォーの植物のように柔らかい有機的形態から、装飾を切り捨てシンプルで幾何学的・直線的なアール・デコに。

まぁその背景には、経済成長(飛行機や列車の動き)が影響してるらしいですが。

ってなワケで、現代に色々な影響を与えまくり要素満載の20年代。

僕は好きかなぁと。

ぜひっ!!!

935353_396305723815969_1119259334_n

 

 

 

 

カワイイなぁ…。

 

カテゴリー: 店舗情報 | 投稿日: | 投稿者: